2014/11/28

スタンプデコパージュのワークショップをやってきました。

11月22日、23日に和歌山県田辺市でおこなわれた、「はんこであそぼう」ワークショップ。

今回の「スタンプだいすき!」ブログでは、かんたんな作り方をまじえながら、そのようすをレポートしてみたいと思います。


会場はこちら、コーヒー研究所さんです。

今回はスタンプデコパージュで、こんなXmasキャンドルを作ります。
これは私が見本につくったものです。



こちらはデコパージュにつかうXmasスタンプを参加者の方がカットされているところ。
ハサミでていねいに一枚ずつカットしていきます。


これは補強をかねて、ケマージュという専用のりをキャンドルに塗っているところ。
筆でまんべんなく塗っていきます。下地をつくる作業です。

ペーパーナプキンにスタンプします。ナプキンは凹凸のない平たいタイプをつかいます。
二枚がかさなっている場合は、うすく一枚ずつはがしてつかいます。

インクはバーサクラフトSというインクを使用します。
ナプキンにスタンプすると、下にインクが浸透しますので、紙を敷いてやりましょう。

凹凸ができるのを防ぐため、水でうすめたケマージュを塗って・・・

カットしたペーパーを位置ぎめして、空気が入らないよう注意しながら貼りつけていきます。
貼りおわったらふたたび水で薄めたケマージュを筆で塗り、ペーパーをキャンドルになじませます。

ケマージュを上塗りすることで、コーティングの役割もはたします。

このとき、力を入れすぎるとペーパーが破れてしまうことがありますので、やさしくていねいに筆でかさねていきます。

貼りおわったら、ドライヤーでしっかり乾かして・・・

完成です!とってもステキなXmasキャンドルができました。
赤と緑のナプキンをパンチで抜き、雪のようにちりばめてもかわいいですね。

お友達どうしで作られたキャンドル。おふたりの仲の良さが伝わってくるようです。

カラーインクを使えば、明るくてにぎやかな仕上がりに。
ワクワクたのしいクリスマスの雰囲気が伝わってくるようです。

色づかいが女性らしい、とってもかわいいキャンドルができました。

ひとつひとつ、ていねいに確認しながら制作されていたキャンドル。
ノスタルジックな茶色をベースに、アクセントカラーがとってもおしゃれ。

こちらは私のお友だちの作品。にんじゃという名前の会社をされていて、手裏剣や「にんじゃ」の文字がオリジナリティ高いです。UM(アンマウント)スタンプの切れはしをつかったり、イマジネーションがすばらしかったです。
人柄を知っている方なら、「ぷぷっ!」となってしまいそう(笑)。

そして、ほのぼのとしたイメージのXmasキャンドル。
真っ赤なお鼻のトナカイさんがかわいすぎます。

こちらはいっしょにワークショップをさせていただいた消しゴムはんこ職人さんの作品。
ご自分の消しゴムはんこでデコパージュされていました。

         ◇

まさに十人十色の作品づくり。

たのしいアイデアやそれぞれの方の個性が見れるのが、ワークショップのまた面白いところ。


ご参加いただいた皆さんが、「疲れた~」「ちょっと休憩~」とか言いながらも、とてもたのしそうに作っていただいたのが、何よりうれしかったです。


ご参加いただいた皆さん、本当にありがとうございました!

デコパージュはキャンドルだけでなく、身のまわりの雑貨をじぶん好みにイメチェンしたいときにも役立ちます。

機会があれば、ぜひお友だちやお子さんと、おうちでたのしんでみてくださいね。



それではまた、和歌山でハンコで遊びましょう!^^


0 件のコメント:

コメントを投稿