2013/05/29

スタンプでおしゃれなインテリアDIY!(ウォールランプ/ブラケット照明編)

かわいくておしゃれな、お部屋のインテリア。
そんなインテリアがスタンプをつかって、かんたんにDIYできたらおもしろい!

そこで、きょうはかんたんに手にはいる安い材料で、おしゃれなウォールランプをつくってみましょう!

今回のDIYにつかうスタンプはこちらです!



はい!「いろんなものにお花を咲かそうUMスタンプ」です!

このスタンプは、バラ、アネモネ、チェリー、あじさい、キク、デイジーのスタンプが6種類はいったUM(アンマウント=シート状の)スタンプです。
大判サイズなので、今回のようなインテリアや布もののデコレーションにとくにおすすめです。

さて、このスタンプでいったいどんなウォールランプができるんでしょう……?


まず、用意するウォールランプの材料をご紹介します!今回の材料はすべて東急ハンズさんで用意しました。



木製板。サイズは120×300ミリ、厚さ10ミリのベニヤ板を用意しました。



合成樹脂シート(厚さ0.7ミリのもの)1枚。



電気コード付きソケット。中間スイッチつきの口径17ミリのものを用意しました。



17ミリ径の電球ひとつ。



木ネジ。木材用のネジです。3×20ミリのものを5本つかいます。



三角つり金具(10ミリ)は1個つかいます。

そのほかには、プラスドライバー、一穴パンチ、カッター、定規、シャープペンシル(または鉛筆)、消しゴム、はさみ。

それではさっそく、あそんでみましょうか!



まず樹脂シートに120×380ミリのカット線をひきます。

ラインにそって、カッターでカットします。



カットできました!



ひきつづき、鉛筆で穴あけ位置をマーキングします。
9.5ミリ間隔で目盛りをうっていきます。



目盛りをうちおわったら、目盛りごとに+マークをうっていきます。
高さ3ミリ、6ミリ、9ミリ、6ミリ、3ミリ……という順番で、+マークがウェーブを描くようにしました。



+マークの位置がなるべく円の中心になるように、一穴パンチで穴をあけます。
デザインをうつくしくするのと、熱がこもらないように逃がす役割も果たしますので、かならず穴はあけましょう。


はい!ウェーブ状にパンチ穴があきました!

ひきつづき、穴をあけた樹脂シートにスタンプでデコレーションしていきましょう♪



今回は、さきほどご紹介したお花のUMスタンプをつかいます!
(これは一例ですので、もちろんお気に入りのスタンプを使うこともできます♪)



スタンプをはさみでカットします。



タックンピールアクリルブロックを用意します。これはUMスタンプの持ち手になるものです。
持ち手つきのスタンプを使う場合はこれは必要ありません。



カットしたタックンピールをアクリルブロックにはりつけます。



タックンピールのはくり紙をはがします。



はがしたタックンピールに、カットしたスタンプをはりつけます。



インクはこれを使いましょう!ステイズオンミディのガナッシュです。
樹脂シートのほか、木や革、ビニールなどにも押せる、便利な多目的インクです。



スタンプにインクをつけます。インクを利き手にもち、スタンプをもう一方の手でかまえてインクをつけると、インク量の調節やインクをつける位置の調整がやりやすいのでおすすめです。



樹脂シートにスタンプします!



はい!きれいなバラがスタンプされました!
よく見ると、二匹の蝶々がバラにとまっています。



ひきつづき、あじさいのスタンプにインクをつけて……



スタンプします!



はい!あじさいがスタンプされました!



つづけていろんなお花でデコレーションしてみましょう♪



きれいなアネモネがスタンプされました!



シンプルな樹脂シートが、スタンプでデコレーションされました!
繊細でかわいい4種類のお花がぱあっと咲いたようなイメージが素敵です。

つぎは三角つり金具を木製板にとりつけましょう!



木ネジと三角つり金具を用意します。



木製板の上部中心にしるしをいれます。



プラスドライバーで木ネジをまわして、三角つり金具を板にとりつけます。



壁に掛けられるように、金具はこのように三角部分が板から出るようにつけましょう!

つり金具をつけおわったら、つぎはソケットを板にとりつけます。



ソケットを用意します。



背板の中心にソケットを木ネジで固定します。



左右二箇所を固定して、ソケットが取り付けできました!



ソケットを固定したら、電球をとりつけます!



電球をとりつけたら、樹脂シートを左右1箇所ずつ木ネジでとめて……



樹脂シートのシェードをとりつけたら、4種類のお花のウォールランプのできあがりです!









リズミカルにあいた穴がほどよいアクセントに。
灯りをつけると、この穴から光がもれて、すごく幻想的な美しさがたのしめます。

お気に入りのスタンプでDIYする、どこのお店にも売っていない、世界にひとつだけのウォールランプ。

こんな手づくりのすてきなウォールランプをお部屋にかざったら、夜がくるのがワクワクたのしみになりそうです。













2013/05/12

プラバンを使ったキーホルダー・プラスチックアクセサリーの作り方

どこのお店にも売っていない、じぶんだけのプラスチックアクセサリー。
スタンプをつかって、世界にひとつだけのアクセサリーがつくれたら、とってもすてき。

そこできょうはうちの工場で、こんなスタンプをつくってみました!



はい!「プラスチックアクセサリーづくりをたのしむスタンプ」です!
アクセサリーづくりにぴったりなデザインが16種類入ったUM(アンマウント)タイプのスタンプです。

でもこのスタンプをつかって、どうやってプラスチックアクセサリーをつくるんでしょうか?



その答えがこちら!そう、「プラバン(シュリンクプラスチック)」です!(笑)
子どものころにおうちのトースターであそんだことのある方も多いかもしれません。

あそびかたの前に、まずパーツづくりで用意するものをご紹介します!



まずこちら!きょうの主役、プラバンです。白、黒、透明の3種類を用意しました。



そしてこちら。デザインナイフです。

デザインナイフはプラスチック樹脂をつかった工作などで、細かいデザインをカットするときにつかう道具です。刃を立てれば曲線などがスムーズにカットできる点がカッターナイフとの違いです。

プラバンははさみでもカットはできますが、デザインナイフはカット面のがたつきが少なくなめらかなため、はさみよりもきれいに仕上がります。



ピンバイス。プラスチックなどに手で穴をあけるための道具です。きまった大きさの穴をあけるだけであればパンチでも代用はできますが、穴の大きさを調節できるのと、決めた位置に穴をあけられるので、ピンバイスがあると作品の幅がぐっとひろがります。



インクはプラスチックにもスタンプできる多目的インク、ステイズオンミディを使いましょう!



最後はアクリルブロック。UM(アンマウント)スタンプをくっつけることで、スタンプの持ち手になります。

それではさっそく、あそんでみましょうか!(笑)



まずは透明のプラバンをつかってみましょう!



UMスタンプをハサミでカットします。



カットした鍵のスタンプを、アクリルブロックにはりつけます。
クリアラバーのスタンプなので、そのままアクリルブロックにくっつきます。
(ホコリなどでつきが弱くなってきたら水洗いをすればもとに戻ります)



インクをつけます。インクをつけるときは、インクを利き手にもち、スタンプをもう片方の手に構えると必要なところに適量のインクがつけやすくなります。



透明のプラバンにスタンプします!



はい!鍵のモチーフがスタンプできました!



スタンプができたら、輪かくにそってデザインナイフでカットしましょう!
鉛筆の持ちかたでナイフを立てて、刃先でカットするのが曲線をなめらかにカットするコツです。



鍵のモチーフがカットできました!



つぎに錠前のスタンプを使いましょう!




インクをつけて……



おなじく透明のプラバンに、錠前のスタンプを押します!



錠前のモチーフがスタンプできました!



おなじようにデザインナイフで輪かくにそってカットします。



鍵と錠前、スタンプでつくったモチーフがふたつできました!

それでは、できたモチーフを焼いてみましょう!



ここでいよいよトースターの登場です!



アルミホイルを網にしきます。



そこへ、さきほどつくったモチーフをのせて、150℃で20〜30秒ほど加熱します。

プラバンは加熱すると、いったんくしゃっと収縮します。
そこからさらに熱を加えると、収縮したプラバンが広がってふたたび平らになります。そこで加熱を終了して取り出します。

加熱するとプラバンは45%ほど縮みます。(このスタンプは縮小率を計算して大きめにつくっています)



さっと取り出し、アクリルブロックなどの固い平面で平らにのばします。
冷めたら固まりますので、熱をもっているうちにおこないましょう。



鍵と錠前、透明のモチーフがふたつ完成しました!

ここで、プラバンのカット面をととのえましょう。



カット面は紙やすりで磨きます。紙やすりは目の細かさによって番号がふられていますが(目が細かいものほど番号がおおきい)、プラバンなら320番か400番ぐらいでよいと思います。



紙やすりで磨いてカット面をととのえます。

ととのえおわったら、いよいよピンバイスで穴あけです!



ピンバイスにドリルを取りつけるため、先端のキャップをはずします。



ドリルをさしこんで……



キャップでとじます。



穴をあけたい位置にドリルの先端をあて、ドリルを押しつけながら左右にこきこき回すと、プラスチックがすこしずつ削れて穴があいていきます。



はい、ピンバイスできれいに穴があきました!

ピンバイスで、鍵と錠前のモチーフそれぞれに穴をあけたら……



あとはピアス用金具にひっかければ……



じゃーん!プラバンとスタンプでつくる、鍵と錠前のおしゃれなモチーフピアスのできあがり!

世界にひとつだけのこんなオリジナルピアスが、耳もとでさりげなく揺れていたら、すごくおしゃれ。

せっかくなので、つぎは白いプラバンであそんでみましょう!(笑)



つぎはこのスタンプを使いましょう!
いまからの季節にぴったりな、Tシャツのスタンプです!(笑)



ステイズオンミディのジェットブラックのインクをつけて……



白いプラバンにスタンプします!



Tシャツのモチーフがスタンプできました!



つぎにこちらを使います!かわいい蝶のスタンプです。



インクはステイズオンミディのチェリーピンクをつかいましょうか!

インクをつけて……



さきほどスタンプしたTシャツのうえから、かさね押しします!
アクリルもスタンプの印面も透明なので、うえからスタンプする位置が確認できてぴったりの位置に押すことができます。



はい!ふたつのスタンプをかさね押しして、蝶のデザインのTシャツが完成しました!(笑)



スタンプができたら、デザインナイフでカットしましょう!



蝶のTシャツモチーフがカットできました!



トースターにセットして、150℃で20〜30秒加熱します。



加熱がおわったら、トースターから取り出して平らにのばします。



ピンバイスで穴をあけて……



チェーンを通せば、これからの季節にぴったりな、かわいいTシャツモチーフのネックレスのできあがり!ピンクの蝶のワンポイントが効いています。

ちなみにこのスタンプ、蝶のほかに「いかり」「貝殻」のスタンプもはいっていて、蝶とおなじようにTシャツスタンプにぴったりなサイズでつくっています。(笑)スタンプの組み合わせで、いろんなたのしみかたができますね!

また、チェーンのかわりにボールチェーンを取りつけたら……



キーホルダーに早変わりです!(笑)



つぎはこちら!バラのスタンプであそんでみましょう!



ステイズオンミディのチェリーピンクのインクをつけます。



白いプラバンにスタンプします。


バラのスタンプをアーチ状につなげ押しすれば、きれいなバラが咲きみだれたような、うつくしいモチーフのできあがり!(笑)



スタンプができたら、デザインナイフでカットします!



カットができたら、トースターで焼きましょう!



焼きおわったら、アクリルブロックで平らにのばします。



ピンバイスで穴をあけて……



ペンチで丸カンをとりつけます!



丸カンをつけたら、チェーンをとりつけて……



はい!バラが咲きみだれたようなプレートネックレスのできあがり!
いっぱいのバラとゴールドのチェーンがちょっぴりゴージャス。

これ、スタンプをつなげる数と方向によって、いろんなプレートができあがります。

チェーンをみじかめにしてチョーカーのようにしてもかわいいですね♪



最後はこちら!ひまわりのスタンプであそんでみましょうか!



インクはこちらを使いましょう。ステイズオンミディのガナッシュ。



ひまわりのスタンプにインクをつけて……



白いプラバンにスタンプします!



はい!繊細なひまわりがスタンプできました!

スタンプができたら……こんどは色を塗ってみましょう!(笑)



プラバンにはこれで色塗りをします。油性マーカーです。
プラスチックに着色できるうえ、加熱しても溶けないのでとても便利です。



スタンプした絵柄を下絵にして、マーカーで色を塗っていきます!



色塗りが完成しました!まるで絵画のようです。



塗りおわったら、デザインナイフでカットしましょう!



はい、ひまわりモチーフがカットできました!



トースターにセットして、加熱します。



平たくのばします。トースターで焼くと45%ほどに収縮しますので、塗った色が濃くなり、味わいがぐっと増します。



いよいよ仕上げです!ピンバイスで穴をあけて……



紙ヤスリでみがいて……




チェーンを通せば……




はい!これからの季節にぴったりな、かわいいひまわりモチーフのネックレスのできあがり!

スタンプとマーカーでつけた色の濃淡がトースターで濃縮されて、なんともいえない味わいがあります。白いTシャツとブルージーンズといったカジュアルな服装にもよく似合いそう♪

               ◇

プラバンとスタンプがあれば、どこのお店にも売っていない、じぶんだけのお気に入りのプラスチックアクセサリーが、とってもかんたんにつくれます。

つくるたのしさを満喫したあとも、洋服とコーディネートしておしゃれをたのしんだり、手づくりをお友達にプレゼントしたり、ワクワクがずっとつづきます。

デザインを考えるたのしさ、つくるたのしさ、そして使うたのしさがあじわえる、スタンプとプラバンをつかった、手づくりのプラスチックアクセサリーづくり。

どこのお店にも売っていない、まさにオンリーワン、あなただけのオリジナルのアクセサリー作り。
あなたもあそんでみませんか?