2012/09/09

レザークラフト初心者のための作り方・遊びかた


味のあるすてきな革製品を、じぶんでつくれるぜいたく。
きっとそれがレザークラフトの醍醐味です。

最近は材料や道具がひととおり揃ったキットもたくさんあり、はじめての方でもずいぶんレザークラフトがたのしみやすくなっています。

そんなレザークラフトが、スタンプで自由にカスタマイズできたらおもしろい。

そこできょうは、スタンプをつかってレザークラフトをじぶん好みにアレンジしてみましょう!

まず用意するもの。
今回は革でレザーウォレット(長財布)をつくります。

材料はキットを用意しました。必要な材料がカットされた状態で入っていますので、ぼくのような初心者の方にはこちらがおすすめ。

セット内容はこんな感じです。



こちらは、本体用レザー。



こちらは、ポケット用レザー。



そして、カード入れ用レザー。


留め具一式とファスナーもついています。



レザークラフト用道具一式。ぼくのような初心者の方は、道具キットで揃えた方が安くつきます。


ではさっそく、あそんでみましょう♪



今回はうちの工場で、こんなスタンプをつくってみました!レザーウォレットに押すので、おしゃれでカッコいいイメージで統一してみました。



革にスタンプできるインクで、本体用、ポケット用、カード入れ用のレザーに、組み立てる向きを考えながらスタンプを押していきます。

できあがってからだと財布じたいにふくらみがでてしまい、きれいにスタンプしづらくなりますので、スタンプはかならず製作のまえに押しておきましょう。

レザークラフトに柄をいれる場合は、カービングといって専用の道具で彫刻や刻印をすることが多いのですが、凝ったデザインにするにはかなりの技術が必要です。スタンプならかんたんに凝ったデザインを革に入れることができます。

さあ、いよいよレザーウォレットの製作にかかりましょう!



まずポケットをつくりましょう。ポケット用レザーの中心部のスリット(抜き穴)のまわりに、コンパスで3ミリ幅ぐらいのガイドラインを引きます。



ガイドラインに沿って、菱目打ちで穴をあけます。机に傷がつかないよう下にビニール板を敷き、木づちでたたいて穴をあけます。



穴をあけたら、針と糸でファスナーを縫いつけます。縫いおわりはふた目かえしてボンドで固めます。



ファスナーがつきました!



つづいて、できあがったポケットの表地に、裏地をセロテープで仮どめします。




菱目打ちで長方形のかたちに穴をあけて、表地と裏地を縫いつけます。



ファスナーを頂点に山折りにして、裏にボンドを塗って貼りあわせます。表から木づちでたたいて密着させます。



貼り合わせたら、まわりにコンパスでガイドラインを引きます。



菱目打ちで穴をあけて縫いつけます。



つぎはカード入れをつくりましょう。カード入れの表にカード入れの裏をかさね、のりしろ部分にボンドを塗って貼りあわせます。

ワンポイントのマークもスタンプで押したものです。



菱目打ちで中央部分にタテに穴をあけて縫います。



本体の表にコンパスでガイドラインをつけます。



本体の角の穴にジャンパーホック打ちで、ジャンパーホックを取りつけます。



本体の裏に、さきほどつくったパーツ(ポケット&カード入れ)をボンドで貼りあわせます。



表のガイドラインにそって、菱目打ちで穴をあけて一周縫います。




本体の穴にコンチョ(金属製の飾りボタン)をとりつけます。裏からネジを差しこみドライバーで締めて……




はい!スタンプでつくる、世界にたったひとつのオリジナルレザーウォレットの完成です!!

すべて手縫いだから、愛着もひとしお。

スタンプをつかえば、かんたんに思いどおりのデザインができます!



カービングがわりにスタンプで描いたデザインがメチャクチャカッコいい。


ていねいにハンドメイドしたレザークラフトは、まさに一生の宝物。これから味がでてくるのがたのしみです。

スタンプでじぶん流にカスタマイズして楽しむレザークラフト。
これ本当に楽しいです。

あなたもあそんでみませんか?
きっとお気に入りのレザーアイテムに出会えますよ♪





0 件のコメント:

コメントを投稿