2012/09/23

【母の日のフラワーギフトに】スタンプで簡単、メッセージ入りフラワーを作ろう


気持ちをこめて贈る、お花のギフト。
そんなお花にじぶんだけのメッセージが入れられたら、とってもすてき。

そこできょうは、うちの工場でこんなスタンプを作ってみました!



そう、おしゃれなフォントで「おめでとう!」の気持ちをつづった、フラワーメッセージスタンプです!

あそびかたの前に、まず用意するものをご紹介しますね。



まず今回の主役!生花のバラです。フラワーギフトの定番ですね。



そしてこれ。フラワーメッセージスタンプ。もちろんお手持ちのスタンプでもお使いいただけます。



スタンプインクはこれを使います!「ステイズオンオペーク」。
速乾性でガラスや金属などあらゆる素材にスタンプできるおなじみのインクです。

オペーク(opaque=不透明)という名前のとおり、押したあとにインクが透けにくいのが特徴なんです。


ではさっそく、あそんでみましょう!

これ、あそびかたはとってもかんたん!



インクパッドに、付属のインクを補充します。目安としては500円玉1個分ぐらいの大きさです。



付属のスキージでインクをのばします。



全体的にインクをなじませたら、スタンプにインクをつけて…



そっとお花を支えながら、スタンプしたい位置に押すだけ!
さあ、お花にスタンプなんてできるのでしょうか……?

ほら、このとおり!メッセージがきれいにお花にスタンプされました!

葉っぱはどうでしょうか?



これもバッチリ!葉っぱにもキレイにメッセージがスタンプされました!



白いバラにもトライしてみましょう。インクはステイズオン・ミディのガナッシュ(茶)をつかいます。



インクをつけて、やさしくスタンプします!



できましたー!白いバラにブラウンの文字がとても上品です!



葉っぱにもスタンプしましょう!



葉っぱにはやっぱりステイズオンオペークのコットンホワイト(白)のインクがよく合います!

バラ以外のお花にもスタンプしてみましょうか!



まずはこちら、トルコキキョウ。濃いめの紫がとてもきれいなお花です。



花びらをしっかり開いてやさしくスタンプします!



ほら!素敵なお誕生日用フラワーギフトになりました!



ユリの花にもチャレンジしてみましょう!



ステイズオン・ミディのジェットブラック(黒)でスタンプします!
ユリの花びらは少し凹凸があるので、ぐっと強めに。





できました!純白のユリはご結婚のお祝いにピッタリですね!



ユリの葉っぱにもスタンプしてみました!まるで印刷したみたい!



プリザーブドフラワーにも押してみましょうか!

プリザーブドフラワーは、生花に特殊加工をして長期保存できるようにしたお花。水やりなどがいらず、長くたのしめるということでフラワーギフトで人気なんです。



これも、ステイズオン・ミディのジェットブラック(黒)のインクをつけて…



プリザーブドフラワーはお花じたいの弾力性が低く、手でさわると割れやすい繊細なものなので、そっと裏から定規をあててスタンプしました!



ほら!プリザーブドフラワーにも、まるで印刷したようなこのしあがり!



葉っぱには、ステイズオンオペークのコットンホワイト(白)でスタンプします。



はい!スタンプでかんたんにオリジナルのプリザーブドフラワーのできあがり!
スタンプで、大切な方へじぶんの気持ちをやさしく添えて。


このスタンプ、定型文だけでなく、好きな言葉や文章でつくることもできます。もちろん手書きだってOK!

インクについて、オペークシリーズは白やパステルカラーのような明るい色が中心なので、濃いめの色の花によく映えます。

明るい色の花には、ステイズオン・ミディのジェットブラック(黒)やガナッシュ(茶)あたりがキレイに映えるのでオススメです。(上の見本をぜひご覧くださいね!)


ひと手間かけてスタンプを押すだけで、すてきなお花のプレゼントがいっそう素敵に。

とってもかんたんに世界にひとつだけのフラワーギフトに変身します!

こんな素敵なメッセージが入ったお花、プレゼントされたらうれしいですよね?
贈る相手のかたに喜んでもらえたら、プレゼントした方もうれしくなっちゃいます。

スタンプでほんのひと手間かけるだけ。みんなにしあわせをくれるオリジナルフラワーギフト。

あなたもたのしんでみませんか?
きっと、しあわせな気持ちになれますよ♪



SPECIAL THANKS : コノカ 西宮店 様


2012/09/09

レザークラフト初心者のための作り方・遊びかた


味のあるすてきな革製品を、じぶんでつくれるぜいたく。
きっとそれがレザークラフトの醍醐味です。

最近は材料や道具がひととおり揃ったキットもたくさんあり、はじめての方でもずいぶんレザークラフトがたのしみやすくなっています。

そんなレザークラフトが、スタンプで自由にカスタマイズできたらおもしろい。

そこできょうは、スタンプをつかってレザークラフトをじぶん好みにアレンジしてみましょう!

まず用意するもの。
今回は革でレザーウォレット(長財布)をつくります。

材料はキットを用意しました。必要な材料がカットされた状態で入っていますので、ぼくのような初心者の方にはこちらがおすすめ。

セット内容はこんな感じです。



こちらは、本体用レザー。



こちらは、ポケット用レザー。



そして、カード入れ用レザー。


留め具一式とファスナーもついています。



レザークラフト用道具一式。ぼくのような初心者の方は、道具キットで揃えた方が安くつきます。


ではさっそく、あそんでみましょう♪



今回はうちの工場で、こんなスタンプをつくってみました!レザーウォレットに押すので、おしゃれでカッコいいイメージで統一してみました。



革にスタンプできるインクで、本体用、ポケット用、カード入れ用のレザーに、組み立てる向きを考えながらスタンプを押していきます。

できあがってからだと財布じたいにふくらみがでてしまい、きれいにスタンプしづらくなりますので、スタンプはかならず製作のまえに押しておきましょう。

レザークラフトに柄をいれる場合は、カービングといって専用の道具で彫刻や刻印をすることが多いのですが、凝ったデザインにするにはかなりの技術が必要です。スタンプならかんたんに凝ったデザインを革に入れることができます。

さあ、いよいよレザーウォレットの製作にかかりましょう!



まずポケットをつくりましょう。ポケット用レザーの中心部のスリット(抜き穴)のまわりに、コンパスで3ミリ幅ぐらいのガイドラインを引きます。



ガイドラインに沿って、菱目打ちで穴をあけます。机に傷がつかないよう下にビニール板を敷き、木づちでたたいて穴をあけます。



穴をあけたら、針と糸でファスナーを縫いつけます。縫いおわりはふた目かえしてボンドで固めます。



ファスナーがつきました!



つづいて、できあがったポケットの表地に、裏地をセロテープで仮どめします。




菱目打ちで長方形のかたちに穴をあけて、表地と裏地を縫いつけます。



ファスナーを頂点に山折りにして、裏にボンドを塗って貼りあわせます。表から木づちでたたいて密着させます。



貼り合わせたら、まわりにコンパスでガイドラインを引きます。



菱目打ちで穴をあけて縫いつけます。



つぎはカード入れをつくりましょう。カード入れの表にカード入れの裏をかさね、のりしろ部分にボンドを塗って貼りあわせます。

ワンポイントのマークもスタンプで押したものです。



菱目打ちで中央部分にタテに穴をあけて縫います。



本体の表にコンパスでガイドラインをつけます。



本体の角の穴にジャンパーホック打ちで、ジャンパーホックを取りつけます。



本体の裏に、さきほどつくったパーツ(ポケット&カード入れ)をボンドで貼りあわせます。



表のガイドラインにそって、菱目打ちで穴をあけて一周縫います。




本体の穴にコンチョ(金属製の飾りボタン)をとりつけます。裏からネジを差しこみドライバーで締めて……




はい!スタンプでつくる、世界にたったひとつのオリジナルレザーウォレットの完成です!!

すべて手縫いだから、愛着もひとしお。

スタンプをつかえば、かんたんに思いどおりのデザインができます!



カービングがわりにスタンプで描いたデザインがメチャクチャカッコいい。


ていねいにハンドメイドしたレザークラフトは、まさに一生の宝物。これから味がでてくるのがたのしみです。

スタンプでじぶん流にカスタマイズして楽しむレザークラフト。
これ本当に楽しいです。

あなたもあそんでみませんか?
きっとお気に入りのレザーアイテムに出会えますよ♪