2012/07/15

アルファベットスタンプでTシャツリメイク☆

夏の定番といえば、Tシャツ。

Tシャツって、いろんなデザインがあってたのしいですよね。

でも、つい毎シーズンあたらしいTシャツを買ってしまって、着なくなったものがクローゼットで眠ってる、な〜んてことありませんか?(笑)

着なくなったTシャツを、スタンプでじぶん好みにリメイクできたら、なんだかおもしろい。

そこで、うちの工場でこんなスタンプをつくってみました〜!



AからZが、いろんなフォントでデザインされた、透明のアルファベットスタンプです!
大、中、小の3サイズの英字がこの1枚に収録されています。

さあ、このアルファベットスタンプで、どんなリメイクTシャツができるんでしょうか?

まず、着なくなったTシャツを用意します。
アメリカ国旗のリボン柄がすごくかわいいですね。
でも、もうワンポイント、なにかアクセントがほしい感じです……。

それではさっそく、あそびかたです!(笑)

1)アルファベットスタンプをカットします

カットできました!
ローマ字のなまえで「 R、U、M、I 」をつかいましょう

2)アクリルブロックと、タックンピール(透明の両面粘着シート)を用意します

3)タックンピールをアクリルブロックのサイズにカットして貼りつけます

4)バーサクラフトという布用インクをスタンプにつけます
このインクはスタンプ後にアイロンをあてると、洗濯しても落ちにくくなるスゴいインクです。


5)うえから透明をすかしてスタンプする位置をしっかり確認しながら……
さあ、いよいよTシャツにスタンプです……!(笑)


はい!
Tシャツにスタンプして、こんなリメイクができましたー



どうでしょう? これ、かわいくないですか〜?(笑)
すこしラフなイメージだったTシャツが、女の子らしい、おしゃれでキュートなTシャツにリメイク!

このスタンプはもともと、アルファベットひと文字ごとにバラバラの英字フォントをつかっていますので、スタンプするだけでコラージュ風のしあがりに。
あまり考えずに適当におしてもそれなりにキマるので、つかいやすいです(笑)

インク色は、Tシャツのもとのプリントの色に近いものをあわせてるので、しっくりなじんでますね。

では、もっとあそんでみましょう!(笑)

ポケットはかわいいけど、ホワイト無地でちょっぴりさみしいイメージのこんなTシャツも・・

ハイ!スタンプでこんなにおしゃれなデザインTシャツにリメイクされました〜!

ポケットの色彩にあわせたポップなカラーでスタンプすることで、元気でたのしいイメージにしあがりましたね。夏にピッタリ!

文字どおり、ユニークでしょ?(笑)
じぶんらしさが、おしゃれにかわいく表現できます。




最後はこちら。おおきな花柄が印象的な、うすい水色のTシャツ。

ドーンと存在感のある左側にくらべて、ポッカリ空いた右側がちょっとさみしいですね……
せっかくなので、このお花を利用しちゃいましょうか!(笑)

この、空いた右のスペースにスタンプして……



大文字と小文字の「B」で、花にうつり飛んできた「蜂(bee)」をつくってみました〜!(笑)
タイポグラフィをイメージしながら、あそびゴコロをプラス。(あそびすぎかな?w)

文字なんですが、絵を描くような感じでリメイク。
こんなあそびかたもできるんですねー。なんかおもしろ〜い!



ちかくで見るとこんな感じ。
とんでる軌道?をあらわす曲線は、すこしずつ角度をかえながらスタンプしました!(笑)


スタンプするだけで、クローゼットの奥で色あせていたTシャツが、じぶんらしい、愛着のある一枚にリメイクできます。

デザイナー気分で(笑)世界に一枚、あなただけのオリジナルTシャツづくりがおたのしみいただけます。

親子で一緒にリメイクしても、なんだかたのしくなりそうです!

かんたんなのにワクワクできる、スタンプをつかったリメイクTシャツづくり。
想像力をいっぱいふくらませて、おもいきりあそんでみませんか〜?

きっと、お気に入りの一枚に出会えますから。


【おまけ】色のつかいかたで、ここまでかわるイメージ。

うえの例では、もともとのプリントの色にインク色を近づけて、もとからそんなデザインだったように仕上げてますが、あえて色を変えると「スタンプしました!」的な雰囲気にしあがります(笑)

たとえば、ちょっとこちらをご覧ください。

全体としておちついた、やさしいイメージに仕上げたい場合は、ベースでつかわれている色にちかいカラーを使って色数をしぼり、色をなじませるのがおすすめ(上のLOVE)。とっても自然なしあがりになりますね。

バランスがとりやすいので、ぼく的にはこちらがおすすめ。(好みの問題かもしれません。笑)


インパクトをつけたい場合とか、つよい仕上がりにしたい場合は、できるだけベースカラーと遠い色をつかいます(下のLOVE)。目立つしあがりになりますが、すこし色のバランスがとりづらくなります。
色のつかいかたをまちがえると「?」な感じになりかねないので(笑)、上級者向きといえるかもしれませんね。

ただこの遠い色のくみあわせの場合でも、色のあかるさの度合いである「明度(めいど)」や、色のあざやかさの度合いである「彩度(さいど)」をおなじレベルにあわせると、一体感がうまれ、とおい色でもおちついた仕上がりにみえるようになります。










ちかい色、とおい色については下の「色相(しきそう)」というものをみるとわかりやすいです。
下のグラフで、となりあっている色ほど「ちかい」、対角線の反対にある色ほど「とおい」ということになります。ちかい色の組み合わせはイメージを統一しやすく、遠い色の組み合わせはインパクトあるしあがりになります。

とくに意図するとき以外は、2〜3色ぐらいに色数をしぼるとつくりやすいです。













よろしければ、色あわせのご参考になさってください〜!


それでは、今回はここまで〜!




□このブログで使用したもの
アルファベットクリアスタンプ(弊社オリジナル)
アクリルブロック(7cm角)
タックンピール
バーサクラフトこまけいこセレクション(布用インク)
ステイズオンクリーナー


(次回は『手書きイラストでワクワクたのしいMYスタンプづくり☆』をお届けします♪お楽しみに!)












0 件のコメント:

コメントを投稿